日本語教師資格を独学で行うメリットとデメリット

日本語教師採用試験に有利になる資格が日本語教育能力検定試験です。

日本語教師資格を独学で行うメリットは費用が安いと言うことです。

インターネット上で「日本語教育能力検定試験無料講座」と検索すれば無料で勉強できるサイトがあります。また投稿動画サイトにおいても同じ様に検索すれば、同じ様に勉強することができます。テキストや試験問題なども数千で購入することができます。

通信講座を利用すれば数万通学講座を利用すれば数十万円かかってしまいます。自分のペースで勉強を行うことができます。自分が動画で勉強したいと思ったら動画による学習、本で勉強したいと思ったら書籍による学習を行えます。

日本語教師の資格関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

ここの部分は動画で学習して別な所は書籍で学習など、好きな様にカスタマイズすることができます。

勉強を自発的にしていると言う状態なのでストレスが少なく済むでしょう。
日本語教師資格を独学で行うデメリットは、効率的な勉強をすることができないことです。

お金をかえているからこそ試験を十分に分析してよりカリキュラムをつくることができます。

また、学習の際の情報も常に最新なものを取り入れています。

ちょっとの違いで合格を逃すことを防ぐことができます。
学習が予定通りに進まない場合があります。



管理してくれる人がいないので、自分に甘えることも許されるのでついつい勉強をしない日が多くなることがあります。



自己管理できない人は、試験日までに勉強が終わらない場合もあるでしょう。